壁紙

アマガエルのオタマジャクシ、コスタリカ

小川に差し掛かる枝葉に産み付けられたアマガエルの卵。産卵から数日が経ち、既にオタマジャクシがみえる。腹部に抱えた卵黄嚢は栄養源となり、成長後の胚からタンパク質分解酵素が分泌されて、ゼリー状の外膜から解け落ちる。1匹、また1匹と水に落ちた幼生は、それぞれの世界へ旅立ってゆく。
Photograph by Paul A. Zahl

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • シエラネバダ 5 「霜がつくり出す“飾り”」
  • 地球に“のみ込まれる”
  • シエラネバダ 4 「ガーネット湖」
  • エメラルドグリーンの浜辺(オーストラリア・フレーザー島)
  • シエラネバダ 3 「点描画のような風景」
  • 田植えに向かう母子、マレーシア
  • 世界最大の砂島(オーストラリア・フレーザー島)
  • 滝を懸垂下降
  • 鳥を装う猟師、パキスタン