壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマガエルのオタマジャクシ、コスタリカ

小川に差し掛かる枝葉に産み付けられたアマガエルの卵。産卵から数日が経ち、既にオタマジャクシがみえる。腹部に抱えた卵黄嚢は栄養源となり、成長後の胚からタンパク質分解酵素が分泌されて、ゼリー状の外膜から解け落ちる。1匹、また1匹と水に落ちた幼生は、それぞれの世界へ旅立ってゆく。
Photograph by Paul A. Zahl

壁紙一覧へ

ダウンロード

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ