壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマガエルのオタマジャクシ、コスタリカ

小川に差し掛かる枝葉に産み付けられたアマガエルの卵。産卵から数日が経ち、既にオタマジャクシがみえる。腹部に抱えた卵黄嚢は栄養源となり、成長後の胚からタンパク質分解酵素が分泌されて、ゼリー状の外膜から解け落ちる。1匹、また1匹と水に落ちた幼生は、それぞれの世界へ旅立ってゆく。
Photograph by Paul A. Zahl

壁紙一覧へ

ダウンロード

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:現在のEVとはまったく違いますが、電気で走る車はエンジンで駆動する車が登場した頃からありました。その当時、電気で走る自動車を手がけていた自動車工学者といえば誰でしょう?

  • ルイ・シボレー
  • エンツォ・フェラーリ
  • フェルディナント・ポルシェ

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ