壁紙

キャニオンランズの岩窟住居跡、ユタ州

“天窓”付きの岩窟住居遺跡。アメリカ古代の先住民、アナサジ族が暮らしていた。昼は低地の谷間でトウモロコシを耕作し、日が暮れる頃、高所のアーチ形洞穴への家路に就く。1300年頃にはこの地を捨て姿を消してしまった。敵から逃れるためだったのか、長引く広範な干ばつに見舞われたのか誰もわからない。キャニオンランズ国立公園のソルトクリーク近くにあり、同時代の破壊的な鉄砲水の跡が巨大なくぼみとして残っている。その独特の地形は、伝説のきこり「ポール・バニヤンのおまる(Paul Bunyan's Potty)」として観光客でにぎわう人気スポットになった。
Photograph by Walter Meayers Edwards

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ヒトデの上をはうタラバガニ
  • 寒い地にしっかりと根を下ろして生きるジャイアントセコイア
  • ムチカラマツの森(駿河湾)
  • 極楽鳥3:自慢のダンスを披露するオナガカンザシフウチョウ
  • バイカル湖から突き出す、精霊のすむ岩
  • 牛のげっぷに含まれるメタンガスは?
  • インカの壁を見つめる女性(ペルー、クスコ)
  • 知床半島で流氷の天井につかまるカメラマン
  • 極楽鳥2:最長50センチ!触角のような飾り羽をもつフキナガシフウチョウ