壁紙

カギムシ、ドイツ

互いに絡み合う3匹のカギムシ。ドイツのハンブルク大学で撮影された。有爪(ゆうそう)動物に分類され、およそ5億3000万年前に突如として多種多様な生物が出現した「カンブリア大爆発」からの“生きた化石”として知られる。約2億5000万年前に生息環境を陸上に移してからは、森林内の落ち葉の下など暗く湿気の多い場所でひっそりと生きている。現在はコスタリカなど中南米に多く生息する
Photograph by O. Louis Mazzatenta

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 雪の山道を進むヤクのキャラバン (アフガニスタン・ワハーン回廊)
  • 光の届かないブルーホールに生きるエビの仲間 (中米バハマ諸島)
  • かつてクジラの祖先が泳いでいた場所 (エジプト)
  • ウィーディシードラゴン
  • カメルーンに生息する毒ヘビ ジェイムソンマンバ
  • 朝日に照らされるキャニオンランズ国立公園 (米国ユタ州)
  • ザクセンの朝焼け、ドイツ
  • ツアー・ガイド、ベトナム
  • チーターの親子