壁紙

セイウチ、ノルウェー領スバールバル諸島

この群れはさまざまな世代で構成されている。セイウチの牙は加齢に応じて伸びることからそれがわかる。1900年代初頭までは牙目当ての猟が盛んで、ノルウェー近海の群れは絶滅寸前まで追い込まれた。保護対象となった1952年以降は回復傾向にあり、夏の最盛期に2600頭余を数える。
Photograph by Paul Nicklen, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 世界最大の砂島(オーストラリア・フレーザー島)
  • 滝を懸垂下降
  • 鳥を装う猟師、パキスタン
  • 5600万年前に干上がった沼地(太古の地球温暖化)
  • ヒグマの昼寝、アラスカ州
  • シエラネバダ 2 「アンセルアダムス原生地域」
  • エベレストの日の出
  • 収穫を待つトウモロコシ
  • エベレスト北壁、チベット