壁紙

ウィンドリバー山脈、ワイオミング州

ここには道標1つない。果てしなく続く空と痛々しくうねるマツの大枝のみ。大陸分水嶺のこの一帯には風が最も荒々しく吹きつけ、風と氷河が削り、人が通う道もない自然のままの地形を残している。このエリアが東部ショーショーニー族とアラパホ族の居留地に定められたのは1937年。1964年に原始地域法(Wilderness Act)が制定される何十年も前の話である。
Photograph by Jack Dykinga, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • マヤの最高神が祭られたピラミッド「エル・カスティージョ」(メキシコ・チチェンイツァの遺跡)
  • 桜の花、日本
  • シマウマをむさぼり食う雄ライオン「Cボーイ」(タンザニア)
  • アメリカには2000種類のシリアル?
  • 「殺し屋たち」と名づけられた4頭の雄の同盟(タンザニア)
  • 夜空、パタゴニア
  • 泉の奥へと下りていく考古学者(メキシコ)
  • 竹林、日本
  • 夜の散歩、シドニー