壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィンドリバー山脈、ワイオミング州

ここには道標1つない。果てしなく続く空と痛々しくうねるマツの大枝のみ。大陸分水嶺のこの一帯には風が最も荒々しく吹きつけ、風と氷河が削り、人が通う道もない自然のままの地形を残している。このエリアが東部ショーショーニー族とアラパホ族の居留地に定められたのは1937年。1964年に原始地域法(Wilderness Act)が制定される何十年も前の話である。
Photograph by Jack Dykinga, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ