壁紙

山刀伐峠

俳諧師、松尾芭蕉が「道祖神のまねきにあひて」旅に出たのは1689年。東北・北陸地方を巡る旅の紀行本『おくのほそ道』で描かれた道が、いまでも山形県の山刀伐(なたぎり)峠に残っている。当時からかなり厳しい道だったが、芭蕉を慕う者の姿は絶えずに続いている。
Photograph by Michael Yamashita, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 9月の嵐で昼間でも暗くなるタセミウ・フィヨルド(グリーンランド)
  • シアトルセンターの彫刻
  • 船のスクリューと接触して傷を負ったマナティー
  • ゲラダヒヒ、シミエン山地
  • 紅葉したウッドローンの木々(米国デラウェア州)
  • クサガエル、ボツワナ
  • かつて凶兆の鳥とされていたカラフトフクロウ
  • クレーンでつり上げられるカポックの丸太
  • 夕日と水柱、ブリティッシュ・コロンビア州