壁紙

山刀伐峠

俳諧師、松尾芭蕉が「道祖神のまねきにあひて」旅に出たのは1689年。東北・北陸地方を巡る旅の紀行本『おくのほそ道』で描かれた道が、いまでも山形県の山刀伐(なたぎり)峠に残っている。当時からかなり厳しい道だったが、芭蕉を慕う者の姿は絶えずに続いている。
Photograph by Michael Yamashita, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • コケで覆われた峡谷(オーストラリア)
  • エイボン川の白鳥、イギリス
  • 現代のCO2排出源(太古の地球温暖化)
  • 漁師、メキシコ
  • シエラネバダ 7 「冬の嵐の到来」
  • コロッセオ、イタリア
  • ニュージーランド、クック諸島の教会
  • 5600万年前の極北(太古の地球温暖化)
  • シエラネバダ 6 「シャドー川の雪解け水」