壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山刀伐峠

俳諧師、松尾芭蕉が「道祖神のまねきにあひて」旅に出たのは1689年。東北・北陸地方を巡る旅の紀行本『おくのほそ道』で描かれた道が、いまでも山形県の山刀伐(なたぎり)峠に残っている。当時からかなり厳しい道だったが、芭蕉を慕う者の姿は絶えずに続いている。
Photograph by Michael Yamashita, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ