壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山刀伐峠

俳諧師、松尾芭蕉が「道祖神のまねきにあひて」旅に出たのは1689年。東北・北陸地方を巡る旅の紀行本『おくのほそ道』で描かれた道が、いまでも山形県の山刀伐(なたぎり)峠に残っている。当時からかなり厳しい道だったが、芭蕉を慕う者の姿は絶えずに続いている。
Photograph by Michael Yamashita, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

ナショジオクイズ

Q:森林火災を防ぐため、オーストラリア先住民の人々が復活させた伝統的手法とは?

  • 火入れ
  • 植林
  • 放牧

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ