壁紙

オオコノハムシ

植物に擬態したオオコノハムシの頭部。目と触角がなければ昆虫とはわからないだろう。昔は本当に葉と一体化しているとさえ考えられていた。1759年、イギリス王立協会の研究員リチャード・ブラッドリーは次のように書き残している。「樹液から栄養を得て成長するが、落葉の季節になると木の幹から地面に下り、翼状の部位を発達させてあたりを歩き回るようになる」。
Photograph by Christian Ziegler

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 「ウイングスーツ」で空を飛ぶ
  • スイレンの葉を下から見ると……
  • 幻想の湖 エア湖 2
  • セミクジラの尾
  • 霧の中のヒグマ、ロシア
  • 子ゾウを体の上にのせて遊ぶ
  • 孤児のオランウータン、ボルネオ
  • 幻想の湖 エア湖 1
  • 自由の女神を雷が直撃?