壁紙

オオコノハムシ

植物に擬態したオオコノハムシの頭部。目と触角がなければ昆虫とはわからないだろう。昔は本当に葉と一体化しているとさえ考えられていた。1759年、イギリス王立協会の研究員リチャード・ブラッドリーは次のように書き残している。「樹液から栄養を得て成長するが、落葉の季節になると木の幹から地面に下り、翼状の部位を発達させてあたりを歩き回るようになる」。
Photograph by Christian Ziegler

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ボツワナのシマウマ
  • ワスレグサにテントウムシ
  • 風が刻みつけた砂丘の細い筋(ブラジル)
  • ライオンは寝ている、南アフリカ
  • 鮮やかな青色の飾りが大好きな雄のアオアズマヤドリ
  • アカエイ、グランドケイマン
  • ゲラダヒヒ、エチオピア
  • 母親の背中に乗って採食場所に向かう幼いボノボ(コンゴ)
  • 米海軍が試験中のノースロップ・グラマン社「X-47B」