壁紙

オオコノハムシ

植物に擬態したオオコノハムシの頭部。目と触角がなければ昆虫とはわからないだろう。昔は本当に葉と一体化しているとさえ考えられていた。1759年、イギリス王立協会の研究員リチャード・ブラッドリーは次のように書き残している。「樹液から栄養を得て成長するが、落葉の季節になると木の幹から地面に下り、翼状の部位を発達させてあたりを歩き回るようになる」。
Photograph by Christian Ziegler

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • およそ1000年前にバルト海が後退して形成された湿地帯
  • まだ学名がつけられていないオオコウモリの仲間
  • メンフクロウ、イギリス
  • 「ブランディワインの戦い」の古戦場に咲き乱れるムスカリの花(米国デラウェア州)
  • ニューギニア島西部にあるフォジャ山脈にすむアマガエルの一種
  • 月夜の山脈、ネパール
  • 冬は身を寄せ合って暮らすマナティー
  • 深さ30メートルほどの氷上の湖を進むカヤック(グリーンランド)
  • マンモスの牙を探すハンター(シベリア)