壁紙

キューバズツキガエル、フロリダ

アメリカ、フロリダ州南部にある撮影者の自宅の裏庭の木に止まっていたキューバズツキガエル。なぜ、そしてどうやって電球を飲みこんだのかは不明。撮影時には電球の熱で焼け死んでいるように見えたが、幸いまだ生きており数枚撮影したところで体を動かした。撮影後、口から電球を引っ張り出してやると、元気な様子だった。妙な話だが、カエルは電球を取られたのが不満そうに見えた。
Photograph by James Snyder

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 偉人たちが眠るパリの地下墓地
  • 南極の活火山 エレバス 2 氷と雪のそばで溶岩湖が煮えたぎる
  • 米アラバマ州の沖合に沈む戦車
  • ニワトリの原種とされるセキショクヤケイ
  • 南極の活火山 エレバス 1 ハット氷洞の造形美
  • 太平洋に背を向けて立つ15体のモアイ (チリ・イースター島)
  • 石油採掘プラットフォームにすむギンポ
  • 花の匂いに誘われたミツバチ(ハワイ・カウアイ島)
  • 摩訶不思議なソコトラ島 7 海岸に舞い降りるカツオドリ