壁紙

メンディの手、インド

ヘンナ(ミソハギ科)の葉からとった染料メンディで模様を描いたラージャスターン州ジャイプルの女性の手。欧米でも近年知られるようになったメンディによる肌の彩色はインドやエジプトなどで5000年の歴史を持ち、魔除けや人の幸福のためにさまざな模様が描かれてきた。
Photograph by Petra Warner, My Shot

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • サヌア旧市街で行われた結婚式 (イエメン)
  • トカゲ、キューバ
  • ニホンザル
  • ゾウの母子、タンザニア
  • 嵐のなかのセルフポートレート
  • クラゲ、南アフリカ
  • 干ばつで使えない綿畑 (米国テキサス州)
  • あたりをうかがうゼニガタアザラシ (米国サンディエゴ沖)
  • しっぽを使って“雪宿り”