壁紙

メンディの手、インド

ヘンナ(ミソハギ科)の葉からとった染料メンディで模様を描いたラージャスターン州ジャイプルの女性の手。欧米でも近年知られるようになったメンディによる肌の彩色はインドやエジプトなどで5000年の歴史を持ち、魔除けや人の幸福のためにさまざな模様が描かれてきた。
Photograph by Petra Warner, My Shot

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 雲の切れ間に浮かぶウッド・リバー山脈(米国アラスカ州)
  • ゾウの列、南アフリカ共和国
  • メキシコオヒキコウモリの大群(米国テキサス州)
  • ユタ州、ブライスキャニオン国立公園の日の出
  • アフリカ最大級の湿原スッド (南スーダン共和国)
  • バイキングが乗った古代船を再現
  • 星の軌跡、ニュージャージー州
  • じゃれあう子どもたちと、周囲に目を配る母チーター
  • チューリップとゼラニウム