壁紙

霜で覆われたアメリカカラマツの湿地

ウィスコンシン州にあるアメリカカラマツの湿地。早朝の撮影に最適な場所を探し回り、やっと手に入れたワンシーンだ。朝霧のフィルターをかろうじて通り抜けた朝日が、水路手前のアメリカカラマツを明るく照らしている。まっすぐに延びる水路は次第に細くなり、霧に紛れて消えてしまいそう。一帯を覆い尽くす霜は、朝日を浴びてダイヤモンドをちりばめたように輝いている。この瞬間の雰囲気はなんとも素晴らしかったが、日が昇って霜が溶けるとガラッと表情を変えてしまった。

(写真と文は2013年米National Geographic写真コンテストへの応募作品)
Photograph by Adam Dorn

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ヒクイドリの真顔
  • 父親の後を必死に追いかけるヒクイドリの子
  • 日夜、命を狙われるライオン(タンザニア)
  • 漁師、アラブ首長国連邦(UAE)
  • マヤの最高神が祭られたピラミッド「エル・カスティージョ」(メキシコ・チチェンイツァの遺跡)
  • 桜の花、日本
  • シマウマをむさぼり食う雄ライオン「Cボーイ」(タンザニア)
  • アメリカには2000種類のシリアル?
  • 「殺し屋たち」と名づけられた4頭の雄の同盟(タンザニア)