壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

霜で覆われたアメリカカラマツの湿地

ウィスコンシン州にあるアメリカカラマツの湿地。早朝の撮影に最適な場所を探し回り、やっと手に入れたワンシーンだ。朝霧のフィルターをかろうじて通り抜けた朝日が、水路手前のアメリカカラマツを明るく照らしている。まっすぐに延びる水路は次第に細くなり、霧に紛れて消えてしまいそう。一帯を覆い尽くす霜は、朝日を浴びてダイヤモンドをちりばめたように輝いている。この瞬間の雰囲気はなんとも素晴らしかったが、日が昇って霜が溶けるとガラッと表情を変えてしまった。

(写真と文は2013年米National Geographic写真コンテストへの応募作品)
Photograph by Adam Dorn

壁紙一覧へ

ダウンロード

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ