壁紙

善き羊飼いの教会

人手の入らない自然が広がり、広大な農地を潤す水路で知られるニュージーランド南島の穏やかな草地に建つ古い石の教会。

ヨーロッパの探検家が太平洋を帆走する数百年前、長いカヌーを漕いでその入江に到達したマオリ族がニュージーランドに初めて与えた名前はアオテアロア(Aotearoa)、“長い白い雲”だった。その小さな島国には、スイスアルプスにも比肩される山々、イングランドより肥沃な平原、スコットランドと同じほど魚にあふれた河川、ノルウェーを思い起こさせるフィヨルド、カリフォルニアのように人を魅きつける浜辺があった。
Photograph by Thomas Young, My Shot

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 中米 メソアメリカン・リーフの生きものたち 3 藻場を泳ぐレインボー・パロットフィッシュ
  • サグラダ・ファミリアのアーチ形天井 (スペイン・バルセロナ)
  • イパネマのビーチでボール遊び (ブラジル・リオデジャネイロ)
  • ナメハダタマオヤモリ、オーストラリア
  • 中米 メソアメリカン・リーフの生きものたち 2 ハナミノカサゴを“試食中”のペレスメジロザメ
  • 川の家、セルビア
  • ベトナムの巨大洞窟
  • 優美に翼を広げるコブハクチョウ(カナダ)
  • 中米 メソアメリカン・リーフの生きものたち 1 上空から見たベリーズ沖の海