壁紙

ヒメウミスズメ、スバールバル諸島

北極圏のノルウェー領スバールバル諸島を根城にするヒメウミスズメ。海岸に巣を作り、潜水して小型の甲殻類やプランクトンを捕食する。堆積した糞や死骸が肥料となり苔生した岩肌は、ホッキョクギツネなど天敵の絶好の隠れ場所だ。
Photograph by Paul Nicklen, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 水面に映る木々、南アフリカ
  • ユタ州の竜巻
  • 夜の工場、アイオワ州
  • ヘンギットル山、アイスランド
  • 秋の渓谷
  • シルバーバック、アフリカのマウンテンゴリラ
  • ツンドラの秋、ロシア
  • ケンタッキーの雷雲
  • サンダー湖の夕焼け