壁紙

ヒメウミスズメ、スバールバル諸島

北極圏のノルウェー領スバールバル諸島を根城にするヒメウミスズメ。海岸に巣を作り、潜水して小型の甲殻類やプランクトンを捕食する。堆積した糞や死骸が肥料となり苔生した岩肌は、ホッキョクギツネなど天敵の絶好の隠れ場所だ。
Photograph by Paul Nicklen, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 毒ヘビ ジェイムソンマンバの鋭い牙
  • クルグズ人の移動式住居「ユルタ」 (アフガニスタン・ワハーン回廊)
  • 初期のクジラ、マイアケトゥスの骨格
  • ソ連時代から操業する石油掘削基地 (アゼルバイジャン)
  • 獲物を探す カワウソの雌
  • バルト海の網のなかで絡み合うウナギ(スウェーデン)
  • 傷を負ったインドサイ (インド・カジランガ国立公園)
  • ヘビやトカゲの酒漬けが並ぶ食堂の棚 (ベトナム・ハノイ近郊のヘビ園)
  • 厳しい冬を過ごす子羊たち (アフガニスタン・ワハーン回廊)