壁紙

ヒメウミスズメ、スバールバル諸島

北極圏のノルウェー領スバールバル諸島を根城にするヒメウミスズメ。海岸に巣を作り、潜水して小型の甲殻類やプランクトンを捕食する。堆積した糞や死骸が肥料となり苔生した岩肌は、ホッキョクギツネなど天敵の絶好の隠れ場所だ。
Photograph by Paul Nicklen, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • モグラの“泳ぎ”
  • 海底火山の噴火
  • 砂丘のグラデーション
  • アルプス登山、エギーユ・デュ・ミディ
  • イニショーエン半島、アイルランド
  • ナミブの砂丘
  • 砂漠に刻まれたオリックスの足跡
  • シドニーの旧市街、オーストラリア
  • 海底彫刻公園、グレナダ