壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒメウミスズメ、スバールバル諸島

北極圏のノルウェー領スバールバル諸島を根城にするヒメウミスズメ。海岸に巣を作り、潜水して小型の甲殻類やプランクトンを捕食する。堆積した糞や死骸が肥料となり苔生した岩肌は、ホッキョクギツネなど天敵の絶好の隠れ場所だ。
Photograph by Paul Nicklen, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

ナショジオクイズ

Q:写真は高地に生息するユキヒョウですが、ある部分が比率的に大型ネコ科動物で最長です。その部分とは?

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ