壁紙

竹林、日本

室町時代の画僧、雪村(1504~1589年)が、晩年に創作の場として過ごした「雪村庵」。裏手に広がる竹林で聞こえるのは風の音だけ。雪村の墓とされる自然石、無数に伸びる竹など、すべてが静寂に包まれていた。
Photograph by Teruo Araya

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ガチョウのヒナが告げる「タッチダウン」
  • 極楽鳥1:朝日を浴びて求愛のディスプレイを披露するオオフウチョウ
  • ボスにかみつく若いオオカミ
  • 金環日食に包まれて
  • チーターの親子
  • 「いかり肩」が特徴のアジアチーター
  • 日光浴をするコウテイペンギンの大集団
  • アオウミガメ、紅海
  • ジュース缶にすみついたミジンベニハゼ (伊豆半島沖)