壁紙

竹林、日本

室町時代の画僧、雪村(1504~1589年)が、晩年に創作の場として過ごした「雪村庵」。裏手に広がる竹林で聞こえるのは風の音だけ。雪村の墓とされる自然石、無数に伸びる竹など、すべてが静寂に包まれていた。
Photograph by Teruo Araya

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 田んぼでコブラを探す男性(ベトナム)
  • マオリ族にとっての守護神 ニュージーランドロングフィンウナギ
  • 過酷な地に生きる遊牧民 (アフガニスタン・ワハーン回廊)
  • ライトに照らされる石筍(せきじゅん)(中米バハマ諸島)
  • カメラの音に耳をすます カワウソの母親と子どもたち
  • 雪の山道を進むヤクのキャラバン (アフガニスタン・ワハーン回廊)
  • 光の届かないブルーホールに生きるエビの仲間 (中米バハマ諸島)
  • かつてクジラの祖先が泳いでいた場所 (エジプト)
  • ウィーディシードラゴン