壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーバ丘陵、アンゴラ

アフリカ南西部、アンゴラのランドマークの一つ、レーバ丘陵(Serra da Leba)。何十年も前からアンゴラのポストカード写真に使われてきたが、そのすべてが昼間に撮影されたものだった。漆黒の闇と靄(もや)が立ち込める1800メートルの高地での夜間撮影は不可能かと思われた。このニコンのカメラは60秒間シャッターを開放できる。しかし自動車が坂を上って下りて光跡を描ききるには2〜3分かかる。道を覆っていた靄が突然晴れたとき、1台の車が坂を下り始め、別の1台が反対方向から上り始めた。2台は60秒の中ほどですれ違い、光の線画は完成した。
Photograph by Kostadin Luchansky, Your Shot

壁紙一覧へ

ダウンロード

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

ナショジオクイズ

Q:チーターの違法取引が横行しているアフリカ東部のソマリランド。ソマリアからの分離独立を一方的に宣言しているこの共和国が位置する半島一帯は何とよばれているでしょう?

  • アフリカの角
  • アフリカの耳
  • アフリカの鼻

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ