壁紙

月夜の山脈、ネパール

ヒマラヤのアンナプルナ・ベースキャンプから眺めた8000メートル級の壮大な頂。見事な満月が昇り、辺り一帯を昼間のように照らしていた。背景の星空も美しい。

(写真と文は米ナショナル ジオグラフィックのフォトコミュニティ・サイト「My Shot」への投稿作品)

【選評】美しい色彩だが、それ以上に重層的な構図が素晴らしい。ビロードをまとった前景の山、ひと吹きで消えてしまいそうな繊細な雲、のみで削ったような無骨な雪山、そして分厚い毛布のような星空が重なり合っている。
Photograph by Max Seigal, My Shot

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ムチカラマツの森(駿河湾)
  • 極楽鳥3:自慢のダンスを披露するオナガカンザシフウチョウ
  • バイカル湖から突き出す、精霊のすむ岩
  • 牛のげっぷに含まれるメタンガスは?
  • インカの壁を見つめる女性(ペルー、クスコ)
  • 知床半島で流氷の天井につかまるカメラマン
  • 極楽鳥2:最長50センチ!触角のような飾り羽をもつフキナガシフウチョウ
  • 精霊が降りてくるための目印「オボー」(モンゴル)
  • 霧に包まれる巨大セコイア「シャーマン将軍の木」