リカオンの子ども、オカバンゴの動物

2014.07.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群れで暮らす賢い肉食動物、リカオンの子どもがインパラの皮を引っ張りあっている。。かつて50万頭はいたとされるリカオン(Lycaon pictus)が今や約5000頭を残すのみと絶滅の危機にあるが、オカバンゴでは個体数が比較的保たれているという。

PHOTOGRAPH BY CHRIS JOHNS / NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE
 群れで暮らす賢い肉食動物、リカオンの子どもがインパラの皮を引っ張りあっている。。かつて50万頭はいたとされるリカオン(Lycaon pictus)が今や約5000頭を残すのみと絶滅の危機にあるが、オカバンゴでは個体数が比較的保たれているという。 英語ではAfrican wild dogと呼ばれることが多いが、African painted dog、Painted wolfなどとも呼ばれるように、身体に「色を塗った(painted)」ようなはっきりした模様が特徴で、学名のpictusも同様の意味。群れによる狩りの能力は高く、成功率は80%に達する(ライオンの狩りは成功率30%という)。

PHOTOGRAPH BY CHRIS JOHNS / NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加