吸血コウモリ、吸血のせいで苦味に鈍感

2014.06.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラに顔を向けるナミチスイコウモリ。

Photograph by Joel Sartore / National Geographic Creative
 吸血コウモリは、血を吸うことにより苦味を感じる能力を失った可能性がある。「Proceedings of the Royal Society B」誌に6月25日付で発表された新しい研究で、チスイコウモリは他のほとんどの哺乳類と異なり、苦味を感じる能力が非常に低いことがわかった。 苦味は嫌なものだが、毒性のある物質の多くが苦味を持つため、苦味を感じることで動物は危険から身を守ることができる。苦味受容体を持たないことは生存に不利となる。

「苦味を感じる能力は、すべての生物種に不可欠だと考えられていた」と述べるのは中国、武漢大学の生物学者で今回発表された研究の著者の一人、趙華斌(Zhao Huabin)氏。過去数年にわたり、同氏の実験室で研究が行われた。

 しかし、吸血コウモリの餌はきわめて特殊だ。吸血コウモリの仲間は、ナミチスイコウモリ(Desmodus rotundus)、シロチスイコウモリ(Diaemus youngi)、ケアシチスイコウモリ(Diphylla ecaudata)があり、血液を摂食する哺乳類はこの3種だけである。

 これら吸血コウモリは、餌となる生き物の匂いを嗅ぎ付け、特殊な赤外線センサーを使って皮膚の暖かく血流の多い部分を見つける。血だけを選り分けることで、毒性があるかもしれない他の部分をうっかり食べることを避けているのだ。

 苦味受容体は、甘味、塩味、酸味、旨味の受容体とは逆の働きをするようだ。吸血コウモリの味覚受容体を研究していた趙氏は、吸血コウモリが血のみを摂食するように進化したことで甘味と旨味を感じる能力を失ったことを発見した。同様に苦味への感受性も失われたのではないかと同氏は考えている。

 3種の吸血コウモリの遺伝子にある苦味受容体を、他の吸血しない11種のコウモリの苦味受容体と比較した。吸血コウモリは苦味受容体をそれぞれ9つ持つが、その多くは機能していないことがわかった。これとは対称的に、吸血しないコウモリの苦味受容体は大部分が正常に機能していた。

 趙氏は、吸血コウモリの苦味受容体が機能しなくなったのは、血だけを餌とすることが原因だと見ている。「進化の過程では、使わないものは失われる」。

 おそらく、約6500万年前に他のコウモリから枝分かれして以来、吸血コウモリは苦味を感じる能力を次第に失って行ったのだろう。彼らの苦味受容体はやがて、すっかり機能を失ってしまうかもしれない。あるいは、吸血コウモリの苦味受容体には口で苦味を味わう以外の、まだ発見されていない別の機能があるのかもしれないと同氏は述べている。

 今回の研究には参加していないが、フィラデルフィアにあるモネル化学感覚研究所(Monell Chemical Senses Center)の研究者、ダニエル・リード(Danielle Reed)氏はこう話している。「苦味受容体の最も興味深い機能は、これから発見されるだろう。苦味受容体は鼻で細菌の存在を感知し、精子内で卵子からの化学物質を感知してオスの生殖機能を維持し、また、消化器官で毒素を感知するのに不可欠だということがわかっている。細胞は周辺環境にある化学物質の存在を知る必要があり、苦味受容体がこれに役立っている」。

Photograph by Joel Sartore / National Geographic Creative

文=Carrie Arnold

  • このエントリーをはてなブックマークに追加