天の川と南天の星々、アタカマ砂漠

2014.04.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チリのアタカマ砂漠に設置されたアルマ望遠鏡の上空で明るく輝く天の川銀河。写真家のババク・タフレシ (Babak Tafreshi)氏が撮影、天文学の教育プロジェクト「The World at Night(TWAN)」のWebサイトに4月1 日に投稿した。

PHOTOGRAPH BY BABAK TAFRESHI, ESO/TWAN
 チリのアタカマ砂漠に設置されたアルマ望遠鏡の上空で明るく輝く天の川銀河。海抜5000メートルの高地ゆえ、視界は抜群だ。写真家のババク・タフレシ(Babak Tafreshi)氏が撮影、天文学の教育プロジェクト「The World at Night(TWAN)」のWebサイトに4月1日に投稿した。 手前の望遠鏡の左側には、南十字星がはっきりと写っている。上空、天の川のすぐ右のオレンジ色の明るい星は さそり座のアンタレス。さらに右で白く輝くのが土星。

PHOTOGRAPH BY BABAK TAFRESHI, ESO/TWAN

文=Jane J. Lee

  • このエントリーをはてなブックマークに追加