金食い虫か? 五輪開催の損得

2014.02.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年開催のロンドン五輪で使われた、オリンピックスタジアム(左)とアクアティクス・センター。開催費 用は148億ドル(約1兆5000億円)に上っている。

PHOTOGRAPH BY JASON HAWKES/GETTY IMAGES
 2月23日、ソチオリンピックが閉幕を迎えた。建設が遅れたホテルや歯医者の診察室のようなバー(「New York Times」紙の記者の言葉)や、ツイッターにアップロードされた「ツイントイレ」の写真はさておき、今年のスポーツの祭典を総括するには時期尚早かもしれない。しかし、2012年夏のロンドンをはじめ、過去の五輪については分析が可能だ。 憶えているだろうか? 開催地がロンドンに決定した2005年当時のライバル都市はパリ。ロンドン招致の目玉 は、スポーツ振興ならぬイーストロンドン活性化策だった。昔からスラム街として取り残され、所得、失業率、 寿命、健康すべてにおいて、社会・経済的にも底辺に位置していた。

“遺産となる五輪”とうたわれたロンドン五輪について、当時の外相ジャック・ストロー氏は“地域再生の活 力”、つまりイーストロンドンの病を治すチャンスになると断言している。ちなみに、ソチ冬季五輪の開催費用 は510億ドル(約5兆2000億円)と伝えられているが、ロンドンは148億ドル(約1兆5000億円)で済んでいる。

 オリンピック会場建設委員会(ODA)の設計主任を務めたジェローム・フロスト(Jerome Frost)氏は、「重 要なのは何を残したかだ。五輪の評価は開催中ではなく開催後に何が起きたかに基づいて下されるべきだ」と述 べている。

 ODAによれば、大会中に使用された競技場は地域のスポーツセンターに、選手村は民間の住宅(半数は低所得 者向け)に生まれ変わったという。経済効果はあらゆる分野に及んだ。

 ただし、ロンドンのような事例はまれだ。約束ばかり並べて実態が伴わない五輪は決して珍しくない。朽ち果 てていくクジラの死骸のように無残な姿をさらすスタジアムなど、意図せぬ結末を迎えるケースが繰り返されて きた。例えば、1976年のモントリオール五輪は、街を破綻寸前に追い込んでいる。地元カナダのジャーナリスト が“目障りな突出物”と呼んだ、異例なほど不格好なメインスタジアムは、雪の重さに耐えかねて屋根が崩れ落 ちるという欠陥を露呈。4億2300万ドル(約432億円)をかけて建設された北京五輪のスタジアム(通称:鳥の 巣)は、今や平凡な観光名所に成り下がった。剥がれ落ちる塗装の維持費として、年間1100万ドル(約11億2550 万円)を費やしているという。

◆誇大妄想

 開催地のその後について、オックスフォード大学サイード・ビジネス・スクールの特別研究員アリソン・スチ ュアート(Allison Stewart)氏に話を聞いた。同氏が開催前に共同で執筆した論文では、予算超過が当たり前 になっている現代五輪の病弊を指摘している。調査の対象となった17の開催地すべてが、追加予算の投入を余儀 なくされたという。

【2014年ソチ】冬季大会は夏よりも小規模で済むはずだが、大盤振る舞いだったソチが新たな標準になるのだろ うか? 開催費用は、推定で510億ドルと発表されている。その通りの金額であれば、施設の再利用など遺産とし て残る割合は? 冬期のリゾートを目指す意図もあったようだが(本来、夏のリゾート地)、そのためには多く のスキー客に来てもらわなければならない。

【2008年北京】中国の目的は、世界の檜舞台に躍り出ることだったようだ。掲げていたのは“私たちはここにい る!”というメッセージ。目的は達成されたが、投資に見合っていたかどうかは別問題だ。スタジアム建設のた め一掃された北京の中心部は、血の通っていない不毛の地になってしまった。予算超過は4%と報道されている が、うのみにはできない。

【2004年アテネ】不成功に終わったとの評価が一般的だ。完成が遅れたスタジアムは、開催後何年も使用されて いない。現在の景気後退の一因は五輪にあるという声も聞かれる。予算超過60%。

【2000年シドニー】良い見本として評価されている。再利用されていない施設も多いが、会場となったシドニー 郊外のホームブッシュベイは復活を遂げた。運営方法に関するノウハウ集積のために、かなりの事前投資が行わ れたという。予算超過90%。

【1996年アトランタ】爆破事件が五輪の歴史に汚点を残す。スポンサーが多く、商業的な側面が大きかった。大 きな波及効果はなかったようだが、間違いなくマイナスにはなっていない。予算超過約147%。

【1992年バルセロナ】予算は超過したものの、成功モデルと評価されている。都市開発という確固たる目的があ り、五輪はその手段だった。地下鉄、空港、道路などのインフラ整備が進み、衰退の一途をたどってたバルセロ ナが国際都市の仲間入りを果たす。予算超過417%。

【1976年モントリオール】「男が子どもを産むことができないように、五輪が予算超過に陥ることはない」。ジ ャン・ドラポー(Jean Drapeau)市長(当時)の有名な言葉も虚しく、当初予算は8倍に膨れあがった。スタジ アムは空き家状態が続いているが、オリンピック公園は観光名所として活用されている。しかし、それだけの価 値があったのだろうか? 借金返済の税金投入は30年も続き、開催例の反面教師と酷評されている。

PHOTOGRAPH BY JASON HAWKES/GETTY IMAGES

文=Cathy Newman

  • このエントリーをはてなブックマークに追加