チューブスナウト、透明骨格標本

2014.02.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クダヤガラ科の魚、チューブスナウト(学名:Aulorhynchus flavidus)。アメリカのシアトル水族館で展示 されているアダム・サマーズ(Adam Summers)氏の作品。

Photograph by Adam Summers
 クダヤガラ科の魚、チューブスナウト(学名:Aulorhynchus flavidus)。 サマーズ氏は長年の友人である“フォトレタッチの魔術師”イリア・ブルック(Ilya Brook)氏の助けを借り、 科学より芸術性を意識していくつかの写真を撮り直した。 “とても驚くべき”体験だったと、サマーズ氏は振り返る。

 魚の内部構造はとても複雑だ。「目を引く理由の1つは、細部が限りなくあらわになっているからではないかと 思う」とサマーズ氏は推測する。

Photograph by Adam Summers

文=Liz Langley

  • このエントリーをはてなブックマークに追加