トラの保護活動、衛星画像で強化

2014.01.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インドネシア、スマトラ島の植林地帯。衛星画像から、トラの生息地を監視する取り組みが始まった。

Photograph by DigitalGlobe
 トラなど絶滅危惧種の保護に、衛星画像が重要な役割を果たし始めた。「情報伝達に地図は最適だ。何しろ言葉の壁がない。しかし、リアルタイムで情報を伝えてくれる衛星画像には二歩も三歩もゆずる」と話すのは、ロシアの非営利団体トランスペアレント・ワールド(Transparent World)の代表で、元生物学者のドミトリー・アクセノフ(Dmitry Aksenov)氏。「衛星監視システムなら、無許可の採鉱や森林伐採、汚染物質の垂れ流しなども一目瞭然だ」。

 同氏が2013年10月の国際会議(モスクワ)で発表した「オープンランドスケープ・パートナーシップ・プラットフォーム(Open Landscape Partnership Platform)」は、衛星データをベースに自然環境のモニタリングを社会全体で進めていくプログラム。主導団体には、トランスペアレント・ワールド、SCANEX研究開発センター(SCANEX Research and Development Center)、世界資源研究所、世界銀行、グローバル・タイガー・イニシアティブ(Global Tiger Initiative)、およびグローバル・フォレスト・ウォッチ(Global Forest Watch)が名を連ねる。

 グローバル・タイガー・イニシアティブは既にこのプラットフォームを活用。ロシア、インド、中国、ミャンマー(ビルマ)、ラオス、タイなど、トラの生息地域の超高解像度衛星画像を分析し、保護活動に役立てている。数カ月経った今では、対象範囲も生態学的に重要な地域に拡大。南アメリカのアマゾン盆地からインドネシアのジャングルまで、100万平方キロ以上の自然豊かな地域をカバーしている。

 僻地や森林地帯で不鮮明なGoogle MapやGoogle Earthの画像も、オープンランドスケープなら問題はない。このプラットフォームの地上解像度は約50センチで、人の存在や特定の樹木も十分に確認できる。

◆衛星画像でトラを守る

 生息地の減少が危惧されているトラやユキヒョウなどの大型ネコ科動物は、高精細の衛星画像が歯止めの助けになるかもしれない。宇宙から撮影した1枚の写真があれば、現地の様子が正確にわかるからだ。

 インドの英字紙「The Times of India」によると、国立トラ保護局(NTCA)と野生生物研究所の調査で、トラの生息地が4年間で約1万2000平方キロも減少した事実が明らかになったという。これはアメリカ、ロードアイランド州の面積の3倍に相当する。国立生命科学研究センターの研究員ウマ・ラマクリシュナン(Uma Ramakrishnan)氏は、「過去200年保たれていた生息地が、93%も縮小している」と指摘。

 残った生息地も細かく分断され、仲間同士の縄張り争いが激化。獲物を追いかけ周辺の集落に侵入し、人間と遭遇する機会が増えかねない。また、野生の個体が3500頭を下回った現状では、個体群同士の接触が減少して遺伝的多様性が損なわれる可能性がある。

 トラなど野生動物の領分を脅かす要因は、人間の居住地拡大や道路建設だけではない。化粧品や食品、家庭用品に含まれるヤシ油は、トラやオランウータンの生息地を開梱したプランテーション農園で生産されている。紙の原料、パルプ生産も同様で、2009年~2012年にかけて、スマトラ島の泥炭森林に広がる生息地が6割以上も破壊されてしまった。

 しかし、植生の変化は把握しやすい。「プランテーション開発は衛星画像で簡単に確認できる。自生する森は多種多様な樹木が入り乱れ、幹の太さも葉の色も一様ではないからだ」とアクセノフ氏。

 高解像度の衛星画像は、火事や原油流出など、地上からでは全体像がつかみにくい生態学的災害も明らかにする。2010年には、アジア諸国へ原油を運ぶロシアの東シベリア・太平洋石油パイプラインの事故で、280立方メートルの原油が東シベリアに流出。シベリアトラの生存に潜在的脅威が及んだ。

 この件は報道されたが、「ロシアでは公にならない流出事故も多い」とアクセノフ氏は話す。環境保護団体グリーンピースによると、同国のパイプラインから毎年3000万バレル以上の原油が流出しているという。しかもほとんど記事にはならず、誰も知るすべがない。

 単なる航空写真では、黒いプールのような流出原油は水と判別しがたい。しかし、衛星の赤外線画像なら、冷たい水と熱を発する原油を簡単に見分けられるという。

Photograph by DigitalGlobe

文=Sasha Ingber

  • このエントリーをはてなブックマークに追加