脳死にまつわる難題

2014.01.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
13歳の娘ジャヒー・マクマスさんの母親ナイラ・ウィンクフィールドさん(右)が、夫のマーティン・ウィンクフィールドさんらに慰められている。この後、生命維持に関する公聴会が行われた。

PHOTOGRAPH BY LAURA ODA, THE TRIBUNE VIA AP
 2人の患者は、転帰は同じだが、一人は脳死と判定、もう一人には延命治療が行われている。 カリフォルニア州オークランドに住む13歳のジャヒー・マクマス(Jahi Mcmath)さんは、手術による合併症で脳死と判定された。両親は娘の心臓と肺が機能しているのは生きている証拠だと主張し、生命維持装置を外さないよう求めた。

 一方、テキサス州では33歳の妊婦マルリーゼ・ムニョス(Marlise Munoz)さんも脳死と判定されている。家族の話では、マルリーゼさんは自宅で倒れ、後に病院で脳死と宣告されたという。家族は人工呼吸器を止めることを望んでいるが、現在も生命維持装置につながれている。病院側は、胎児の生育力を維持するという観点から妊娠患者の生命維持装置を外すことを禁止する州法に従っていると話す。

 この2つのケースは、「“脳死”とは一体何を意味するのか?」という共通の問題を我々に投げかけている。

 ナショナル ジオグラフィックでは、神経学と生命医療倫理学の専門家から話を聞いた。

◆脳死は何を意味する?

 ジョンズ・ホプキンス大学医学部の神経疾患集中治療室(Neuroscience Critical Care)所属の准教授ロバート・スティーブンス(Robert Stevens)氏によれば、脳死は「大脳半球及び脳幹における全機能の不可逆的な停止」と定義されるという。

 要するに「脳死は死を意味する」と述べるのは、メイヨー・クリニックで生命医療倫理プログラムの責任者を務めるリチャード・R・シャープ(Richard R. Sharp)氏。「医学生や臨床医でさえ誤解していることがあるが、医学的、法的観点から見れば、脳死は死である」。

◆なぜ脳死という言葉は混乱を招くのか?

 脳死は、深刻な神経損傷が起きたとしても人工呼吸器などの機械で酸素を送り続けることのできる、現代医学の産物であるとスティーブンス氏は説明する。

 今では「脳機能全体の不可逆的な停止による脳死」であるにもかかわらず、人工呼吸器によって心臓は動き続けるという状況が起きる。脚や腕に反射運動が見られることもある。「そのため、脳死には見えないと家族は感じてしまう」。

◆脳死はどのように判定する?

 スティーブンス氏によれば、「極めて特殊な神経学的検査を成人であれば6時間間隔をあけて2回、小児であれば24時間間隔をあけて2回行う」ことで患者が回復可能ではないことを確認しているという。

◆脳死からの回復はあり得るのか?

「脳死から回復することはあり得ない」とスティーブンス氏は話す。「回復したのであれば脳死というのは誤診で、何か他の状態(昏睡状態または植物状態)だったということだ」。

◆昏睡状態、植物状態との違い

「昏睡状態であれば脳に反応が見られたり、痛みに反応して動いたりすることがあり、脳死とは区別される。不可逆的ではなく目覚めることもある」とスティーブンス氏は答える。植物状態は「重度の意識障害があるが、目を開けられる程度にまで回復した状態」。植物状態も回復の可能性があるという。

◆今後の脳死症例への取り組みに進展は?

 これら二つのケースは、脳死の意味をより良く説明し、患者の家族と密接に協力する必要性を示したとスティーブンス氏は話す。今起きていることやこれからすべきことを「明快かつはっきりとした言葉で伝えること」が必要だという。

 また、ジョンズ・ホプキンス大学のバーマン生命倫理学研究所(Berman Institute of Bioethics)で臨床倫理を専門とするシンダ・ラシュトン(Cynda Rushton)氏(生命倫理学と看護学の両方を専門とするバンティング教授[Bunting Professor])は、「医療に携わる私たちは一度立ち止まり、ここから学ぶ必要がある。思いやりや敬意が感じられると同時に、医学の限界をはっきりと伝えられる医療をいかに提供すべきかを考えなくてはならない」と述べた。

◆家族への説明、助言

「こういった痛ましい状況は誰にとっても困難であり、感情的になるのが当たり前」とラシュトン氏は話す。「まず伝えなければならないのは、私たちの知識や技術を総動員してもなお、状況を改善することができず本当に申し訳ないということ。そのうえで私たちにできる最善のことは、可能な限りの優しさやサポートを提供することで、その状況をくぐり抜ける手助けをすることだ」。

PHOTOGRAPH BY LAURA ODA, THE TRIBUNE VIA AP

文=Diane Cole

  • このエントリーをはてなブックマークに追加