系統学で見る「赤ずきん」のルーツ

2013.12.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
民話「赤ずきん」は、さまざまなバージョンが世界中で語られている。最新研究では「赤ずきん」と、もう1つの似た物語「狼と七匹の子山羊」がどこで生まれ、どのように進化していったかが定量分析によって追跡された。

Map by Matthew Twombly, NG staff. Source: Tehrani, J. J. PLOS ONE 2013;8(11):E78871
 これは世界中で語られてきた物語だ。「赤ずきん」が祖母の家を訪ねると、祖母を食べたオオカミが、祖母の服を着て、赤ずきんのことも食べようと待ち構えていた。その後の展開は、話のバージョンによって異なる。 赤ずきんは食べられたのか? 通りがかった狩人がオオカミの腹を割いて赤ずきんを助け出したのか? 赤ずきんがオオカミをだまして外へ出るのか? イランの一部地域では、幼い女の子が一人で出歩いたりしないという理由から、危険な目に遭うのは男の子だ。アフリカでは、悪者がキツネかハイエナになる。東アジアでは、大型ネコ科動物のことが多い。

 この話の原型がどこで生まれたのかは長年、研究者たちの謎だった。しかしこのほどイギリス、ダラム大学の人類学者ジェイミー・テラーニ(Jamie Tehrani)氏が謎を解明したという。テラーニ氏は、生物種の進化を追跡する手法が、民間伝承の進化にも適用できると主張する。ナショナル ジオグラフィックでは、この有名な物語の起源を追ったテラーニ氏に話を聞いた。

◆民話の進化を追跡するのに、科学的手法が使えると考えた理由は?

 民話は生物種と似ています。変化を伴う代替わりによって、文字通り進化します。物語は繰り返し語られる中で少しずつ変化し、次の世代へと受け継がれ、そこでまた変化するのです。

 民話の伝承を再構築する上での問題は、生物種の進化的関係を再構築する上での問題と、多くの点でよく似ています。化石記録はあまりに断片的なので、生物種の進化を裏付ける証拠は少ない。同じように、民話もごくまれにしか書き留められていない。物的証拠が足りない中で、その歴史を再構築するには、なんらかの手法が必要になります。

◆系統学という手法を用いておられますが、これはどのようなものですか?

 系統学(phylogenetics)とは、継承によって保存されてきた過去を推測することによって、歴史を再構築するものです。子孫は祖先の種とどこかで似ています。生物や民話の関連したグループについて、どの特徴をたどれば共通の祖先に行き着くかを明らかにすることができます。

◆「赤ずきん」の起源については、どのような説がありますか?

「赤ずきん」は、17世紀にこの話を文章化したシャルル・ペローの創作だという説があります。一方、「赤ずきん」のルーツはもっと古いと考える人もいます。11世紀のベルギーの詩があり、これを書きとめた司祭によると、これは地元の農民の間で語られている物語で、赤い洗礼用のチュニックを来た少女が、ぶらぶら歩いていてオオカミに遭遇する話だというのです。

 今回の研究結果は、現在親しまれているバージョンのほとんどが、ペローの著作の流れをくんでいるものの、話自体はペローの創作ではないことを示しています。現代におとぎ話として伝わる物語の初期の祖先は、11世紀の詩であることが分析によって確認されました。

◆物語の起源はアジアだと主張する研究者もいるようですが?

 この物語は東アジアで生まれたとする説があります。そこから西に広まりましたが、西に広まる過程で、2つの異なる物語、「赤ずきん」と「狼と七匹の子山羊」に分かれたというのです。この2つの物語になんらかの関連性があることは以前から認識されていましたが、それがどのような関連性かを誰もはっきりと示すことはできませんでした。主流の説は、2つとも中国の伝承に由来するというもので、中国の伝承に両方の物語の要素が含まれることがその根拠です。

 しかし私の分析では、東アジアのバージョンは起源ではないという結果が出ました。もし東アジアの伝承が起源なら、それらは「赤ずきん」と「狼と七匹の子山羊」の古い原型バージョンに似ているはずですが、中国の伝承はむしろ現代バージョンのほうに近いのです。例えば、東アジアの物語には、「あなたの目はなんて大きいの!」という被害者と加害者の有名な会話のバリエーションが含まれます。しかし、私が行った「赤ずきん」前史の再構築では、この会話は比較的最近になって登場したことが示唆されています。このことは、既知の最も古いバージョンである11世紀の詩に、この会話が含まれないことからも裏付けられます。

◆捕食者が親しい家族になりすます物語が、なぜ世界中の異なる文化で好まれているのでしょう?

 つまるところ、この捕食者は隠喩なのです。物語の真のテーマは、人は見かけによらないということであり、それはとても重要な人生の教訓です。信用できると思った人が、実は我々に危害を加えようとしていることだってあるのです。実際、我々がやすやすと他人の悪意の餌食になってしまうのは、相手を信用してしまうからなのです。

◆これらの物語の起源はなぜ重要なのですか?

 民間伝承は、異なる社会が互いにどう影響しあい、人々が世界をどのように移動してきたかを示す、人類の歴史の指標と考えることができます。

 そこには人間の想像力に関するより大きく、興味深い疑問があると思うのです。これらの民話は、人間の夢想や経験、恐れを表現しています。民話は、人間の想像の産物を通して、人間が本当に重要視していることを読み取る格好のツールなのです。

 今回の研究は、米オンライン科学誌「PLOS ONE」に11月13日付で発表された。

Photograph by George Rose, Getty Images

文=Rachel Hartigan Shea

  • このエントリーをはてなブックマークに追加