金銀の耳飾り、ワリ文化の王族墓

2013.06.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
翼を持つ神秘的な生き物が刻まれた、金銀製の大きな耳飾り。ペルーの首都リマの約300キロ北、エル・カスティーリョ・デ・ウアルメイ(El Castillo de Huarmey)遺跡の王室の墓で、ワリ帝国の3人の女王を含む63体の遺骨とともに発掘された。ワリ文化の高貴な女性の装飾品と考えられている。

Photograph by Daniel Giannoni
 翼を持つ神秘的な生き物が刻まれた、金銀製の大きな耳飾り。ペルーの首都リマの約300キロ北、エル・カスティーリョ・デ・ウアルメイ(El Castillo de Huarmey)遺跡の王室の墓で、ワリ帝国の3人の女王を含む63体の遺骨とともに発掘された。ワリ文化の高貴な女性の装飾品と考えられている。 

Photograph by Daniel Giannoni

文=Heather Pringle

  • このエントリーをはてなブックマークに追加