ペットに関する最新の世論調査では、ペットと一緒に寝ていると回答した飼い主が3分の1に上った。

Photograph by D. Corson, Corbis
 ペットに関する最新世論調査の結果がアメリカで公表された。かいがいしく世話をするペット好きのアメリカ人は、動物(および人)に対する向き合い方に少々気になる点が見られるという。 回答者の6割を占めた飼い主の中には、ペットと一緒に寝ているケースも少なからずいた(その中に爬虫類が含まれるかどうかは不明)。

 またある程度は予想できた結果だが、全体の2割は人付き合いよりもペットと過ごす方に時間を割くと答えている。

 イヌとネコの好みを尋ねた質問に対しては、「イヌ」が52%、「ネコ」が21%、「どちらとも言えない」が27%だった。

「イヌの飼い主は管理をもっとしっかりすべきだ」という意見に賛同する人は48%に上った。一方、「ネコの飼い主にはイヌの飼い主よりも変わり者が多い」という意見に対しては賛成が23%、反対が35%だった。

 今回の調査は世論調査会社Public Policy Polling(PPP)が、6月11日から13日にかけて事前登録の603名を対象に電話を通じて行った。何らかのキャンペーンや政治団体からの依頼で行われたものではないという。質問は、ペットや動物恐怖症に関する意見、無作為に選んだ動物に対する好悪など全36項目にわたる。調査の許容誤差はプラスマイナス4%。

 その他の興味深い結果を以下に紹介する。

1. 最も恐ろしいと感じる動物を尋ねたところ、ヘビと答えた人が全体の21%、以下、アリゲーター19%、サメ18%、クマ14%と続いた。

2. 調査対象者のうち9%は菜食主義者、または完全菜食主義者(ビーガン)だった。

3. 18%の人がネッシーの実在を信じると回答。

4. 飼ってみたい風変わりな動物を尋ねたところ、トラが26%、キリンが20%、恐竜が18%、ゾウが16%だった。

5.(「I Want A Hippopotamus For Christmas(クリスマスにはカバが欲しい)」というクリスマスソングの歌詞にあるように)「クリスマスにはカバを欲しいと思うか」と尋ねたところ、90%がNoと回答した。世界中のカバ達もさぞやホッとしていることだろう。

Photograph by D. Corson, Corbis

文=Christine Dell'Amore