メキシコのカルト宗教、バチカンも非難

2013.05.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メキシコのカルト宗教が崇拝するサンタ・ムエルテ(死の聖人)。

Photograph by Shaul Schwarz, National Geographic
 メキシコの新しいカルト宗教が勢力を拡大し、バチカンも無視できない状況になった。先住民の宗教とカトリックが融合した独特の民間信仰で、刑務所や麻薬カルテルから広まったと考えられる。 信者が崇拝するのはハロウィーンもどきの骸骨。大鎌を担いだ死神が、ピンクのシルクやスパンコールをあしらった派手なドレスに身を包んでいる。サンタ・ムエルテ(死の聖人)はもともと男性だったが、キラキラ着飾った姿を女性と見なす人も多い。恐ろしい姿をしているが、信者を無条件に受け入れてくれる。

 メキシコ北西部、シナロア州クリアカンの刑務所でインタビューした若い受刑者は、彼女は仲間だと話す。「サンタ・ムエルテはいつも側にいてくれる。彼女の図柄なら、郵便切手ぐらいのサイズでもかまわない。簡易ベッドの上に掲げれば、その存在をいつも身近に感じることができる」。

 事態を重く見たローマ教皇庁は5月8日、カトリック教会として初めてこの問題に言及。教皇庁文化評議会議長のジャンフランコ・ラヴァージ(Gianfranco Ravasi)枢機卿自ら、「偽物の宗教であり、神への冒涜に値する」との声明を発表した。

 カルト問題にめったに触れないバチカンだが、サンタ・ムエルテは特別らしい。その異様な姿や不可思議な教義も目障りだが、カトリック教会の伝統儀式の盗用も問題視している。

 メキシコでは、貧困や病気に苦しむカトリック信者が苦行を行う場合がある。膝をついて延々と歩き続けたり、背中にサボテンを縛り付けたりするらしい。ローマのカトリック教会が認める行為ではないが、運勢を変える最後の手段としてすがる信者が後を絶たない。

 サンタ・ムエルテ信仰は、それでも困窮から抜けられない人々の間に浸透した。このため、礼拝の作法に見られるカトリックの影響も無理はない。

 最も有名な巡礼地があるメキシコシティの繁華街では、カトリックのロザリオの祈りを唱える信者の脇で、聖なる死神を抱いた若者が膝歩きしている。香を焚く代わりにマリファナを吸い、吐き出した煙をムエルテに捧げる者もいる。

 しかも多くの巡礼者が、いまだ敬虔なカトリック教徒を自負している状況は、カトリック教会にとって頭が痛い。サンタ・ムエルテの礼拝所とカトリック教会を同一視する、自称「司祭」も出てきたほどだ。

 バチカンから見れば、このカルトは偽物の宗教であり、カトリックと何ら関係はない。さらに、2012年に発覚した事件のような残虐性もはらんでいる。聖なる死神に生き血を捧げるため、少年2人と44歳の女性が信者8人に殺害された。

 その一方で、カトリック国メキシコでも信者激減に歯止めが効かない状況がある。異教崇拝に傾いているとは言え、カトリックへの帰依を捨てない多くの信者を失いたくないようだ。

 ラヴァージ枢機卿の声明は公式な非難ではなく、あくまで教皇庁高官個人の発言である。カトリック教会の立場は明確になったが、敬虔な信者たちを切り捨てたわけではない。

 この取材では、優しさと気性の荒さを併せ持つエンリケータ・ロメロ(Enriqueta Romero)という女性に密着した。彼女は誰の手も借りず、ほとんど1人でカルトの布教に励んでいる。

 ロメロは月に一度、数千人が唱えるカトリックのロザリオの祈りを指揮しているが、カルトの伝道も行っている。

 話を聞くと、彼女自身は敬虔なカトリック教徒だが、サンタ・ムエルテも信仰している。そこに矛盾は感じないという。

 ローマ教皇庁の反カルト姿勢に話が及ぶと、場の空気がガラッと変わった。「好きなようにすればいい。そんなことより、教会に人が集まらない現状をどう考えているのかしら」。

 メキシコには、死の聖人を信奉するカトリック教徒が多い。バチカンの意に反する行為だが、誰が何と言おうと独自の信仰が絶えることは今後もないだろう。

Photograph by Shaul Schwarz, National Geographic

文=lma Guillermoprieto

  • このエントリーをはてなブックマークに追加