個体の冷凍保存、絶滅カエル再生計画

2013.03.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1980年から冷凍保存されているカモノハシガエル。極めて保存状態が良く、ラザロ・プロジェクト(theLazarus Project)チームのクローン作成に使われた。クローン技術で復活に成功しても、スタート地点にたどり着いただけと専門家は考えている。ゴールは、絶滅の一因とされるカエルツボカビ症への抵抗力を備えた個体を、選択的に繁殖できるようになるまで、とチームリーダーのマイク・アーチャー(Mike Archer)氏は語った。

Photograph courtesy Bob Beale
 1980年から冷凍保存されているカモノハシガエル。極めて保存状態が良く、ラザロ・プロジェクト(theLazarus Project)チームのクローン作成に使われた。 クローン技術で復活に成功しても、スタート地点にたどり着いただけと専門家は考えている。ゴールは、絶滅の一因とされるカエルツボカビ症への抵抗力を備えた個体を、選択的に繁殖できるようになるまで、とチームリーダーのマイク・アーチャー(Mike Archer)氏は語った。

Photograph courtesy Bob Beale

文=Brian Howard and Christine Dell'Amore

  • このエントリーをはてなブックマークに追加