聖なる沐浴、ヒンズーのクンブメーラ

2013.01.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インド北部の都市イラーハーバードのサンガム(Sangam)河岸で、ヒンズー教の祭典「クンブメーラ(Kumbh Mela)」の沐浴を行うヒンズー教徒(2月10日)。世界最大の宗教行事クンブメーラはこの日、ピークを迎えた。ヤムナー、ガンジス、伝説上のサラスヴァティーという3つの川が合流する聖地イラーハーバードでは期間中、聖人や何千万もの巡礼者が俗世の罪を洗い流すためにガンジス川で沐浴し、水の中で祈りを捧げる。

Photograph by Roberto Schmidt, AFP/Getty Images
 インド北部の都市イラーハーバードのサンガム(Sangam)河岸で、ヒンズー教の祭典「クンブメーラ(Kumbh Mela)」の沐浴を行うヒンズー教徒(2月10日)。世界最大の宗教行事クンブメーラはこの日、ピークを迎えた。ヤムナー、ガンジス、伝説上のサラスヴァティーという3つの川が合流する聖地イラーハーバードでは期間中、聖人や何千万もの巡礼者が俗世の罪を洗い流すためにガンジス川で沐浴し、水の中で祈りを捧げる。 

Photograph by Roberto Schmidt, AFP/Getty Images
  • このエントリーをはてなブックマークに追加