最新の研究によると、マヤ文明が栄えたのは湿潤な気候のおかげだったという。

Illustration by Roy Andersen, National Geographic
 文明の盛衰は世の常だが、高度なマヤ文明の衰退は謎に包まれている。滅びた原因はどこにあったのか。最新の研究によると、壊滅的な火山噴火や地震、伝染病ではなく、気候変動が大きな要因だったという。 マヤ文明は、まず紀元300~660年ごろに栄えた。「古典期」と呼ばれる時代の始まりで、グアテマラからベリーズ、メキシコのユカタン半島にかけておよそ60の都市が誕生。それぞれの都市に6~7万のマヤ人が暮らし、ピラミッド神殿や太陽暦、人類初のホットチョコレートを生み出していった。

 ところが、200年以上にわたる衰退期が訪れ、1100年ごろにはかつて繁栄を極めたマヤの都市に住む者はいなくなっていた。マヤ人はどこに、そしてなぜ消えたのか。歴史上の大きな謎が生まれる。

 19世紀に雑草に埋もれた「失われた都市」の廃虚を発見した探検家たちは、とてつもない火山噴火や地震、巨大な嵐、あるいは大規模な伝染病がマヤ地域を襲ったのではないかと考えた。

 しかし、研究が進んだ今日では、人口過剰や戦争、飢饉(ききん)、干ばつなど複数の要因が絡み合って衰退したのだと推測されている。そして、いま最も注目を集めている要因、それが気候変動だ。

◆雨のもとでの繁栄

 最新の研究では、ベリーズのウシュベンカ(Uxbenka)遺跡近くにあるヨク・バルム(Yok Balum)洞窟の床面から伸びる石筍(せきじゅん)から、気候変動と文明興亡の関係が分析されている。

 洞窟上部からしたたり落ちる水と鉱物で形成される石筍は、雨が多い時代に成長が早くなる。過去の降水傾向を判断する際に、天然の記録としての信頼性が高い。例えば、今回採用されたサンプルでは、過去2000年の降水傾向が明確に示されている。

 研究チームのリーダーでアメリカ、ペンシルバニア州立大学の環境人類学者ダグラス・ケネット(Douglas Kennett)氏は、「マヤ文明の古典期初期は、数千年レベルの異例な湿潤期だった。農産物の生産量が増え、人口が急増した時期と重なって」と話す。

 湿潤時代のピークは紀元440~660年で、続々と都市が生まれ、政治や宗教、建築など、マヤ文明の特徴が出そろう。

◆気候変動に伴う争い

 ところが、200年続いた湿潤時代は、やはり例外的だった。気候の振り子が逆向きに動き始めると、困難な時代がやって来た。

「マヤのシステムは多雨を前提にして構築されていた」とケネット氏は話す。「降雨パターンが変わると行き詰まる」。

 乾燥時代に入った紀元660~1000年には、干ばつが頻繁に発生、時には過酷さを極めた。

 マヤ文明の宗教、政治システムは、「統治者は神々と直接対話できる」という信仰に基づいている。統治者が降雨や豊作を願っても実現しない場合、王の影響力が弱まって政治が不安定化し、争いが起こるようになる。

 石筍の記録によると、1020~1100年にかけてマヤ地域は過去2000年で最も長い乾期を経験している。

 16世紀にスペイン人のコンキスタドール(征服者)がこの地を訪れたときまでに、内陸部の人口は90%減少しており、かつての都市や農地は森に飲み込まれていた。

◆自業自得?

 NASAのゴダード宇宙科学研究所(GISS)およびコロンビア大学ラモント・ドハティー地球研究所に所属する気候科学者ベンジャミン・I・クック(Benjamin I. Cook)氏は、今回の研究を受けて次のように話す。「気候変動の一因はマヤ人自身にある。都市と農地の拡大により森林伐採が広範に進んだため、土壌から大気中に蒸発する水分が減少した。自然の降雨サイクルが遮られ、降水量が減ったのだ」。

 同氏の分析によると、局地的な乾燥化により、年間の降水量が5~15%減少したという。「10%の減少でも環境にとっては大災害と呼べるレベルだ」。

◆海岸を目指して

 アメリカ、アリゾナ州立大学の環境社会学者B・L・ターナー(B. L. Turner)氏は、「広く誤解されているが、マヤ人は絶滅したわけではない」と話す。「食料が乏しく、争いの絶えない内陸の都市を逃れるため、マヤ人は海岸を目指した。交易は陸路から海路に変わった」。

 ターナー氏は、「快適な海岸の暮らしの中で、内陸の都市はただ単に忘れ去れたのだろう」と話す。「壊滅的な地震も、伝染病も、呪いもない。少しでも暮らしやすい海岸へと徐々に移り住んでいっただけだ」。

 そして、海岸での暮らしに慣れたころ、恐怖のスペイン人がやって来る。

 今回の研究結果は、11月9日発行の「Science」誌に掲載されている。

Illustration by Roy Andersen, National Geographic

文=Nicholas Mott