コシオリエビ、カリブの光る深海生物

2012.10.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クモヒトデに囲まれた右上の直線的な脚がわかるだろうか? コシオリエビの一種で、別名スクワット・ロブスターと言う。バハマ沖で実施された調査から、さまざまな深海発光生物の生態が明らかになった。研究チームが潜水艇の中から観察する中、コシオリエビは緑に光るイソギンチャクに座り、「時々、長いはさみで何かをつかみ取っては口に運んでいた」と、ノバサウスイースタン大学海洋学センターのタマラ・フランク氏は説明する。「イソギンチャクを食べているようには見えなかった。イソギンチャクに付いた別のものを食べていたのだろう」。青い光や紫外線に敏感なコシオリエビは、緑のイソギンチャクをちゃっかり利用して、おいしそうな青いプランクトンを見分けているのではないかと、チームは推測している。

Image courtesy NOAA-OER
 クモヒトデに囲まれた右上の直線的な脚がわかるだろうか? コシオリエビの一種で、別名スクワット・ロブスターと言う。バハマ沖で実施された調査から、さまざまな深海発光生物の生態が明らかになった。 研究チームが潜水艇の中から観察する中、コシオリエビは緑に光るイソギンチャクに座り、「時々、長いはさみで何かをつかみ取っては口に運んでいた」と、ノバサウスイースタン大学海洋学センターの海洋生物学者タマラ・フランク(Tamara Frank)氏は説明する。「イソギンチャクを食べているようには見えなかった。イソギンチャクに付いた別のものを食べていたのだろう」。

 研究チームの一員ソンケ・ジョンソン(Sonke Johnson)氏は、かすかな青い光に気付いた。光を放っていたのは通りすがりのプランクトンで、流されて次々とイソギンチャクにぶつかってくる。青い光や紫外線に敏感なコシオリエビは、緑のイソギンチャクをちゃっかり利用して、おいしそうな青いプランクトンを見分けているのではないかと、チームは推測している。

Image courtesy NOAA-OER
  • このエントリーをはてなブックマークに追加