“アイアンマン”(鉄の男)と呼ばれるこの仏像の胴体には、昔から吉祥とされる卍(まんじ)模様が刻まれている。

Photograph courtesy Elmar Buchner
 まさにあっと驚く新事実だ。かつてチベットでナチスが発見した大昔の仏像が、隕石を彫刻したものだったことが判明したのだ。 1938年、チベットに向かったナチスの調査隊がこの仏像を発見し、ドイツに持ち帰った。おそらくはナチスのシンボルである鉤十字と逆方向の卍模様が刻まれている点に興味を持ったとみられる。その後、この“アイアンマン”はミュンヘンで個人が所蔵していたが、2007年に調査が許可された。

 それ以来、シュトゥットガルト大学惑星科学研究所のエルマー・ブフナー(Elmar Buchner)氏が、11世紀にチベットで作成されたと考えられているこの仏像の分析にあたってきた。ブフナー氏によれば、仏像はおよそ1万5000年前にモンゴルとシベリアの間のいずれのかの地点に落下した隕石から彫られたものだという。

 分析においては、仏像から採取した鉱物サンプルの成分と構造が手がかりの1つとなり、これがアタキサイトと呼ばれる隕石の一種であることが判明した。ブフナー氏はBBCの取材に対し、「この素材はニッケル、そしてコバルトを多く含んでいる。アタキサイトはすべての隕石の0.1%以下、鉄隕石の中でも1%以下しか存在しない。最も珍しい種類の隕石と言えるだろう」と語っている。

 この仏像が、作成した彫刻家にとって大切なものだったことは間違いないが、現在の価値はどれほどだろうか? 隕石から彫られた人物像として確認されたものとしては唯一であるという希少性からして、2万ドルの値がついてもおかしくないと、ブフナー氏はみている。ただし同氏は声明の中でこう述べている。「我々の制作年代に関する推測が正しく、(彫像が)約1000年前のものであれば、金額に換算できない価値を持つ可能性がある」。

「Buddha from space(宇宙から来たブッダ)」と題されたこの新しい研究の論文は、学術誌「Meteoritics and Planetary Science」の9月号に掲載されている。

Photograph courtesy Elmar Buchner

文=Catherine Zuckerman