寄生昆虫、琥珀の中の古代生物

2012.08.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
琥珀の中に閉じ込められた3900万年前のネジレバネの一種。一見するとごく普通のハエのようだが、実はほかの昆虫の内臓に住み着く寄生昆虫だ。この化石はオスとしては世界最古、最大という。宿主の体を内側から食べ尽くして出てきた後、数時間もしないうちに命を落としたようだ。

Photograph from European Pressphoto Agency
 琥珀の中に閉じ込められた3900万年前のネジレバネの一種。一見するとごく普通のハエのようだが、実はほかの昆虫の内臓に住み着く寄生昆虫だ。この化石はオスとしては世界最古、最大という。 宿主の体を内側から食べ尽くして出てきた後、数時間もしないうちに命を落としたようだ。

Photograph from European Pressphoto Agency
  • このエントリーをはてなブックマークに追加