綱引き、消えた五輪種目

2012.07.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
廃止された数々のオリンピック種目の中で、綱引きは例外的に高い人気を誇っていた。現在では校庭や広場などで実施させるのどかなイメージだが、20世紀初頭はかなり熱気のあるスポーツだった。(Photograph from Topical Press Agency/Getty Images)
 廃止された数々のオリンピック種目の中で、綱引きは例外的に高い人気を誇っていた。国際オリンピック史学会(ISOH)の元会長ビル・マロン(Bill Mallon)氏は、「綱引きは本当に見ごたえのあるスポーツだ」と話す。 1900年のパリから1920年のアントワープまで、夏季オリンピックの花形の1つだったが、国際オリンピック委員会(IOC)が五輪種目には国際的な統括組織が必要と決定。組織を持たなかった綱引きはやむなく除外された。後に組織された国際綱引連盟(TWIF)は2002年にIOCに加盟し、競技種目として復帰を目指している。

 現在では校庭や広場などで実施させるのどかなイメージだが、20世紀初頭はかなり熱気のあるスポーツだった。

 1908年のロンドンオリンピックで行われたアメリカ対イギリス(リバプール市警察代表チーム)の試合では、敗れたアメリカチームが、イギリスチームの重いスパイク靴は反則だとして抗議。しかしイギリス側は職務用の靴をそのまま履いていると主張し、結局アメリカの抗議は認められなかったという。

文=Kastalia Medrano

おすすめ関連書籍

旗の大図鑑

国旗から信号旗・レース旗・海賊旗まで

国旗、域旗、信号旗、レース旗、社会運動の旗、海賊旗、国際機関の旗……。 古今東西の多様な旗の世界を逍遥する、愉しみに満ちた一冊。

定価:3,410円(税込)

おすすめ関連書籍

世界の「こんにちは」

世界の115の言葉で挨拶できる! この世界には、楽しい文字や音が

定価:1,980円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加