干上がった湖、米国の干ばつ深刻化

2012.07.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
干ばつで水位が16メートル低下したテキサス州のメディナ湖。残された桟橋の突端部分が、かつての水面を物語る。テキサス州の農業用水とサンアントニオ市の生活用水を供給するメディナ湖は、今や完全に干上がってしまった。2011年8月までの12カ月間には、同州の歴史で最も高い乾燥度と気温を記録、現在も低降水量が続いているという。アメリカ西部全体が同様の事態に見舞われており、水の需要が供給を超過。都市や農村部、そしてビジネス分野にも不安が広がっている。「過去75年間、南西部では居住者が増えて農業が盛んになり、ダムも建設された。当時は天候にも恵まれ、過去に例がないほど降水量が多かった。しかし今後は、そんな好条件は期待できないだろう」と、世界水資源方針計画(Global Water Policy Project)の理事サンドラ・ポステル(Sandra Postel)氏は話している。

Photograph by John Davenport, San Antonio Express-News/AP
 干ばつで水位が16メートル低下したテキサス州のメディナ湖。残された桟橋の突端部分が、かつての水面を物語る。テキサス州の農業用水とサンアントニオ市の生活用水を供給するメディナ湖は、今や完全に干上がってしまった。2011年8月までの12カ月間には、同州の歴史で最も高い乾燥度と気温を記録、現在も低降水量が続いているという。 アメリカ西部全体が同様の事態に見舞われており、水の需要が供給を超過。都市や農村部、そしてビジネス分野にも不安が広がっている。

「過去75年間、南西部では居住者が増えて農業が盛んになり、ダムも建設された。当時は天候にも恵まれ、過去に例がないほど降水量が多かった。しかし今後は、そんな好条件は期待できないだろう」と、世界水資源方針計画(Global Water Policy Project)の理事でナショナル ジオグラフィック協会の淡水問題担当フェロー会員のサンドラ・ポステル(Sandra Postel)氏は話している。

 干ばつ情報を伝える「アメリカ干ばつモニター(U.S. Drought Monitor)」によると現在、アメリカの約半分の地域が同様の被害に見舞われているという。

Photograph by John Davenport, San Antonio Express-News/AP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加