ツノカサゴ、東インド諸島の新種魚

2012.06.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年6月に刊行された『Reef Fishes of the East Indies(東インド諸島のサンゴ礁の魚類)』には既知種も多数掲載されている。奇妙な外見をした有毒のツノカサゴ(学名:Pteroidichthys amboinensis)もその一つだ。世界には1200種以上の有毒魚が存在するという。

Photograph courtesy Roger Steene, Conservation International
 2012年6月に刊行された『Reef Fishes of the East Indies(東インド諸島のサンゴ礁の魚類)』には既知種も多数掲載されている。奇妙な外見をした有毒のツノカサゴ(学名:Pteroidichthys amboinensis)もその一つだ。世界には1200種以上の有毒魚が存在するという。

Photograph courtesy Roger Steene, Conservation International
  • このエントリーをはてなブックマークに追加