カマドドリ、レッドリスト2012

2012.06.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラジルとガイアナの狭い地域に生息する、カマドドリ科のチャミミカマドドリ。すでに国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト」2008年版で、絶滅危惧II類(危急)からIB類(絶滅危機)へと保護の優先度がランクアップ。2012年版ではIA類(絶滅寸前)まで進み、極めて危険な状態である。チャミミカマドドリが住む森は、牛の放牧地や大豆農園の開発により減少。アマゾン流域の森林破壊予測モデルによれば、2023年までに生息地の80%が失われるという。

Photograph by Arthur Grosset
 ブラジルとガイアナの狭い地域に生息する、カマドドリ科のチャミミカマドドリ。すでに国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト」2008年版で、絶滅危惧II類(危急)からIB類(絶滅危機)へと保護の優先度がランクアップ。2012年版ではIA類(絶滅寸前)まで進み、極めて危険な状態である。 チャミミカマドドリが住む森は、牛の放牧地や大豆農園の開発により減少。アマゾン流域の森林破壊予測モデルによれば、2023年までに生息地の80%が失われるという。

Photograph by Arthur Grosset
  • このエントリーをはてなブックマークに追加