ロンサム・ジョージの死と希少種保護

2012.06.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピンタゾウガメのロンサム・ジョージ。ガラパゴス諸島のチャールズ・ダーウィン研究所で撮影。

Photograph by Pete Oxford, Minden Pictures/Corbis
 もしゾウガメに天国があるとしたら、「孤独なジョージ」はもはや孤独ではないだろう。推定100歳のゾウガメ「ロンサム(孤独な)・ジョージ」は、現地時間6月24日、サンタ・クルス島にあるガラパゴス国立公園内のチャールズ・ダーウィン研究センターに設けられた飼育施設の中で死んでいるのが発見された。 メスのカメを寄せ付けなかったことで知られ、「ロンサム」もそこから付けられた。ガラパゴスゾウガメの亜種、ピンタゾウガメ(学名:Geochelone abingdoni)唯一の生き残りだったと考えられている。

 国立公園の声明によると、長年ジョージの世話をしてきた飼育係のファウスト・ジェレナ(Fausto Llerana)氏は、ジョージが「水飲み場の方に向かおうと身体を伸ばしたまま、息をしていないのに気付いた」といい、「悲しい驚きだった」と語っている。

 ゾウガメは動物の中でも特に寿命が長く、優に100歳を超えても生き続けることができる。これまで記録に残る中で最も長寿の個体は152歳だ。

 ジョージのなきがらは現在、腐敗を防ぐため冷蔵設備に保管されており、今後は死因を特定するための解剖が行われるという。

◆個体数が減少するゾウガメ

 ガラパゴス諸島にはかつて数多くのゾウガメが生息しており、亜種の数も15を数えた。しかし1800年代から1900年代にかけて、太平洋に浮かぶこれらの島々は船乗りや海賊の寄港地として利用されるようになり、多くのゾウガメが食用や油を採るために捕獲された。

 今ではこうした捕獲の対象になることはなくなったものの、ブタやヤギといった外来種の過放牧は続き、残ったゾウガメの生息圏では草地が食い荒らされている。

 今回のジョージの死で、ガラパゴス諸島に暮らすゾウガメの亜種の数は10種にまで減少したが、残っている亜種でも、その大部分の個体数は非常にわずかだ。実際、ピンタゾウガメは、ジョージが1971年にピンタ島で見つかるまでは絶滅したと考えられていた。

 発見されたひとりぼっちのオスガメ、ジョージは保護され、飼育されることになった。ジョージが遺伝的に近い種のカメのメスに興味を示してくれれば、少なくとも交配種という形で、その血筋を次世代に残すことができるのではと期待された。

 しかしそううまくはいかなかった。30年以上にわたり、4頭のメスと同居したジョージだったが、これらのメスとの間に生まれた卵はいずれも無精卵だった。

 2001年当時、チャールズ・ダーウィン財団に所属していたエリカ・バック(Erica Buck)氏はナショナルジオグラフィック ニュースの取材に対し、ジョージはメスに「真剣な興味を示していない」とし、「ほとんどの時間を1頭で過ごしている」と語っている。

◆自然保護のシンボルになったジョージ

 1つの亜種が絶滅したとしても、他の種類のゾウガメはまだ生息しているので大きな損失ではないと考える人もいるかもしれないと、サンディエゴ動物園の親善大使、リック・シュワルツ(Rick Schwartz)氏は話す。しかしゾウガメの歴史を振り返ればわかるように、こうした絶滅が積み重なれば、あっという間に最悪の事態に至る恐れもある。

 ジョージの「死は、人類に対し、自らの行動が、たとえすぐにはわからないとしても、未来に影響を与える可能性があることを示す例だ」とシュワルツ氏は語る。同氏が所属するサンディエゴ動物園では、ガラパゴスゾウガメを1匹飼育している。

 シュワルツ氏はさらに、「こうしたゾウガメを実際に見ることがあれば、穏やかで大きな姿を見て、きっと誰もがこのカメを大好きになるだろう」と述べた。

 また、子孫を残すことはできなかったとはいえ、ロンサム・ジョージの物語は「人間以外の種や保護活動全体について知ってもらうためのきっかけになっている」とシュワルツ氏は指摘する。

 例えば、ジョージに対して行われたような保護・繁殖プログラムは、絶滅の危機に瀕しているカリフォルニアコンドルについては、個体数の増加につながっている。

 しかし同様の取り組みが行われたアフリカのニシクロサイは、プログラムの甲斐なく、2011年に正式に絶滅が確認されている。

 ガラパゴス国立公園の所長、エドウィン・ナウラ(Edwin Naula)氏は声明の中で、7月には同公園主催で国際的なワークショップを開催し、今後10年を見据えてゾウガメの個体数回復に向けた方策を協議するとしている。

「このワークショップは、ロンサム・ジョージをしのんで開催される」とナウラ氏は述べた。

Photograph by Pete Oxford, Minden Pictures/Corbis

文=Christine Dell'Amore

  • このエントリーをはてなブックマークに追加