オリオン座の北東部にある星雲「NGC 2174」。サルの横顔に似ているので「モンキー星雲」の異名を持つ。イギリス在住のアマチュア天文家グレッグ・パーカー氏が、米ナショナル ジオグラフィックのフォトコミュニティ・サイト「My Shot」に投稿した1枚だ。地球からの距離は6400光年。内部に明るい星団NGC 2175が存在し、ちりとガスの雲を輝かせている。“サルの顔”も星団が放射する強力な恒星風によって刻まれた。

Photograph by Greg Parker, My Shot
 オリオン座の北東部にある星雲「NGC 2174」。サルの横顔に似ているので「モンキー星雲」の異名を持つ。イギリス在住のアマチュア天文家グレッグ・パーカー氏が、米ナショナル ジオグラフィックのフォトコミュニティ・サイト「My Shot」に投稿した1枚だ。 地球からの距離は6400光年。内部に明るい星団NGC 2175が存在し、ちりとガスの雲を輝かせている。“サルの顔”も星団が放射する強力な恒星風によって刻まれた。

Photograph by Greg Parker, My Shot