巨星が次々と誕生、はくちょう座X領域

2012.05.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
約4500光年先の「はくちょう座X領域」(5月10日公開)。欧州宇宙機関(ESA)のハーシェル宇宙望遠鏡が赤外線で鮮明にとらえた。ちりとガスが複雑に混ざりあい、大質量星が極めて活発に誕生しているという。

Image courtesy ESA/PACS/SPIRE, CEA/CNRS/INSU
 約4500光年先の「はくちょう座X領域」(5月10日公開)。欧州宇宙機関(ESA)のハーシェル宇宙望遠鏡が赤外線で鮮明にとらえた。 ちりとガスが複雑に混ざりあい、大質量星が極めて活発に誕生しているという。

Image courtesy ESA/PACS/SPIRE, CEA/CNRS/INSU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加