1300光年先の反射星雲「NGC 7023」。宇宙に咲く花のように見えることから、「アイリス星雲」の名がある。アメリカ、アリゾナ州のキットピーク国立天文台が撮影した。

Image courtesy T. A. Rector/UAA, H. Schweiker/WIYN, and NOAO/NSF
 1300光年先の反射星雲「NGC 7023」。宇宙に咲く花のように見えることから、「アイリス星雲」の名がある。アメリカ、アリゾナ州のキットピーク国立天文台が撮影した。 ちりとガスから成る低温の星間雲で、自身は発光せず、近傍の恒星からの光を反射している。

 星雲中央には明るく輝く高温の大質量星があり、放たれる青い光がちりで散乱してNGC 7023全体を染めている。

Image courtesy T. A. Rector/UAA, H. Schweiker/WIYN, and NOAO/NSF