“UFO銀河”NGC 2683

2012.03.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
やまねこ座の棒渦巻銀河NGC 2683。「UFO銀河」の通称は、横から見た空飛ぶ円盤のような形から付いた。約2800万光年先にあり、1788年に発見された。側面を観測できる「エッジオン銀河」で、天の川銀河に似た構造を持つ。ハッブル宇宙望遠鏡は、コアの明るい光を受けた腕部分の微細構造をとらえている。

Image courtesy ESA/NASA
 やまねこ座の棒渦巻銀河NGC 2683。「UFO銀河」の通称は、横から見た空飛ぶ円盤のような形から付いた。 約2800万光年先にあり、1788年に発見された。側面を観測できる「エッジオン銀河」で、天の川銀河に似た構造を持つ。ハッブル宇宙望遠鏡は、コアの明るい光を受けた腕部分の微細構造をとらえている。

Image courtesy ESA/NASA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加