おうし座にある巨大な超新星残骸「シメイズ147」。高速で膨張を続けるガスとちりの衝撃波面が星間ガスに衝突し、何本も絡まった細い繊維のように150光年に及ぶ領域で輝き続ける。フィンランドの天文写真愛好家が長時間露光で撮影した。3000光年の彼方から放たれた超新星爆発の最初の光は、10万年前に地球へ到達したという。

Photograph by J.P. Metsavainio, My Shot
 おうし座にある巨大な超新星残骸「シメイズ147」。高速で膨張を続けるガスとちりの衝撃波面が星間ガスに衝突し、何本も絡まった細い繊維のように150光年に及ぶ領域で輝き続ける。フィンランドの天文写真愛好家が長時間露光で撮影した。 3000光年の彼方から放たれた超新星爆発の最初の光は、10万年前に地球へ到達したという。

Photograph by J.P. Metsavainio, My Shot