声の低い男性は精子数が少ない?

2012.01.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
顕微鏡で拡大したヒトの精子(資料写真)。

Photograph by Roland Birke, Getty Images
 男性の深みのある声は女性にとって魅力的に響くが、声の低い男性は精子の数が少ない傾向にあるという。 従来の研究で、女性は突き出た顎(あご)、豊富な筋肉量、低い声などの男性的な特徴を好む場合が多いとわかっている。これらの特徴は質の高い配偶者の証だと考えられてきた。例えば、男らしい方が精子数が多いという説もある。

 だが、新たな研究では、低い声が女性にとって魅力的である一方、その男性は精液中の精子濃度が低い傾向にあると判明した。進化の過程で女性にとって魅力的になるために多くのエネルギーを投資した男性は、精子数などに不足が生じる可能性があるという。

 研究責任者で西オーストラリア大学の進化生物学者リー・シモンズ氏は、「男性ホルモンのテストステロンが声を低くするために費やされた分、精子の生産が抑制された可能性がある」と話す。

◆精子数の測定

 シモンズ氏のチームは、大学内で異性愛の男性54人と女性30人に研究への協力を依頼。男性ボランティアの声を録音し、女性ボランティアに聞かせて「魅力」や「男らしさ」を採点してもらった。予想どおり、低い声が最も魅力的という結果が出た。

「次に、各男性ボランティアに自宅で精液サンプルを採集し、研究室に持ってきてもらった」と同氏は説明する。コンピューターを利用した精子解析システムでサンプルを検査し、精子の運動率(自発的に移動する能力)や濃度を測定した。

 解析によると、より魅力的な声を持つ男性は、それ以外の男性よりも精子の質が高いわけではなかった。「声の低い男性の精子は運動率は正常で繁殖力もあるが、精液中の精子細胞の数が少なかった」とシモンズ氏は述べる。

◆「男らしさ」が進化した理由とは

 この種の研究で最も解明が待たれるのは、「人類でなぜ男性的な特徴が進化したのか」という疑問だ。

「人類の進化過程で男らしい男性が繁殖に多く成功した結果、声や顔つき、体格などに性的二形(男性と女性の違い)が生まれたのだろう」とシモンズ氏は話す。「性的二形はアメリカアカシカやクジャクなど他の動物ではよく研究されているが、人類については未解明の点も多い」。

 カナダ、ダグラス・カレッジの進化心理学者ローラ・デーン氏は、男性が男らしく進化したもう一つの理由として「他の男性に対する優位性のアピール」を挙げる。「大きく筋肉質な体や低い声は、他の男性と勢力や地位を争う必要からとも考えられる」。

 実際のところ、女性が男らしさを好むのは、自分と家族を確実に守ってくれる有力な配偶者を見つけたいという欲求の副産物かもしれない。

「男らしさには女性を引きつける以上の役割がある」という理論が提唱されており、今回の結果もこの説に符合する。「精子の質をある程度犠牲にしても、男性的な特徴が強い支配力や地位につながるとすれば、繁殖力とのトレードオフは理にかなっている」とデーン氏は語る。

 今回の研究は「PLoS ONE」誌に2011年12月21日付けで発表された。

Photograph by Roland Birke, Getty Images

文=Christine Dell'Amore

  • このエントリーをはてなブックマークに追加