はくちょう座のブラックホール

2011.11.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はくちょう座X-1と呼ばれる連星系の想像図。ブラックホールが近接する恒星から物質を引き寄せている。ブラックホールに落ち込む物質はブラックホールの周囲に円盤を形成し、この円盤が放射する強力なX線が今から50年以上前に初めて観測された。この有名な連星系に属するブラックホールのより正確な想像図は、先ごろアメリカ国立科学財団(NSF)の超長基線アレイ(VLBA)を構成する複数の電波望遠鏡を使って収集したデータを基に描かれたもの。

Illustration courtesy DSS and M. Weiss, CXC/NASA
 はくちょう座X-1と呼ばれる連星系の想像図。ブラックホールが近接する恒星から物質を引き寄せている。ブラックホールに落ち込む物質はブラックホールの周囲に円盤を形成し、この円盤が放射する強力なX線が今から50年以上前に初めて観測された。 この有名な連星系に属するブラックホールのより正確な想像図は、先ごろアメリカ国立科学財団(NSF)の超長基線アレイ(VLBA)を構成する複数の電波望遠鏡を使って収集したデータを基に描かれたもの。

 このブラックホールは地球から6070光年の距離にあり、質量は太陽の約15倍、1秒間に800回以上回転していると考えられている。

Illustration courtesy DSS and M. Weiss, CXC/NASA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加