ルネサンス期の教会にステレオ効果?

2011.11.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イル・レデントーレ聖堂をはじめとするベネチアの教会の音響効果が、コンピューターモデルによって再現された(試料写真)。

Photograph by Neville Morgan, Alamy
 ルネサンス期のベネチアの貴族たちは、音楽を“ステレオ”で聴いた最初の人々かもしれない。教会の建築にもたらされた変化は、別々の場所で歌う聖歌隊の声をはっきりと分けて聞かせることを目的としていた可能性のあることが、先ごろ発表された音響学研究によって明らかになった。 研究チームは、サン・マルコ大聖堂のような観光スポットを含むイタリア、ベネチアの一部教会を対象に、そうした場所での音楽演奏が400年前はどのように聞こえていたかを、コンピューターモデルを使ってシミュレーションした。

「われわれはまず、現在の教会の音響効果をモデリングした」と、ニューヨーク大学で音響学を専攻するブラクストン・ボーレン(Braxton Boren)氏は話す。「それによってモデルが正確に機能していることを確認した上で、建築史学者とプロの音響技師の意見を参考にモデルを微調整」し、ルネサンス期の教会における音の響きを再現したという。

 ボーレン氏とケンブリッジ大学の物理学者マルコム・ロンゲア(Malcolm Longair)氏は、現存する16世紀ベネチアの4つの教会、オスペダレット教会、イル・レデントーレ聖堂、サン・フランチェスコ・デッラ・ヴィーニャ教会、およびサン・マルコ寺院の音響をモデリングした。

◆「とても劇的な効果」

 研究の結果、サン・マルコ寺院の主要構造よりも後に作られた上階のギャラリーは、高貴な身分の聴衆のために、別々の場所に分かれて歌う聖歌隊のステレオ効果を高める目的で作られた可能性のあることが明らかになった。当時のドージェ(ベネチアの元首)や貴族たちは、祭壇のそばの内陣と呼ばれるエリアに席を占めていたと一部の歴史学者は考えている。

「ギャラリーは、内陣に席を占めていたドージェをはじめとする貴賓に聖歌隊の歌がよく聞こえるようにするという、明確な目的のために作られたと考えられる」とボーレン氏は述べている。

 シミュレーションの結果、ギャラリーは相補的な二重音声効果を生み出すのに役立っていたことが明らかになった。内陣に座った貴族たちは、後方に座る大勢の人々によって音の反響を抑えられ、より温かみのある、親密な音を楽しめたと同時に、聖歌隊に近い場所を占めることで、実際に歌をステレオで聴くことが可能だった。

 ボーレン氏によると「その効果は非常に劇的」で、現在のコンサートホールに匹敵するものだったという。

◆人の多さで音が変化

 また研究の結果、このような教会の多くでは、集まった人の数によって音楽や歌の聞こえ方が異なっていた可能性も明らかになった。

 例えば、研究チームが意見を求めたある専門家は、特別な宗教行事の際には、イル・レデントーレ聖堂における音の反響は大幅に減少したはずだと指摘した。この一時的な消音効果は、壁や柱にかけられたタペストリーや、大勢の参列者、彼らを収容するために出された木の椅子などによるものと考えられる。

 コンピューターモデルは、教会が満員で飾りつけがされていた場合には、そうでない場合と比べて反響の持続時間が半分になることを示した。「多くの人がいるかいないかで大きな違いがあった」とボーレン氏は言う。「タペストリーの有無もかなり影響したが、参列者の存在ほどではない」。

 そのため、ルネッサンス期のベネチアで演奏されていたテンポの速いポリフォニー(多声)音楽は、特別な行事の際の教会においては通常より明瞭に聞こえていたと考えられる。

 教会を設計した建築家たちが、教会の音響効果をそこまで考慮していたかどうかは定かでないが、イタリア、ラクイラ大学の建築史学者で、今回の研究に参加していないアンドリュー・ホプキンス(Andrew Hopkins)氏によると、そのようなことは大いにありうるという。「ベネチアの建築家たちは様々な教会のミサに出向き、音響効果が教会によって大きく異なることに気づいていたはずだ」とホプキンス氏は話す。

 同氏が電子メールで取材に応えたところによると、たとえ建築家が無人の教会と満員の教会の音の違いを知らなかったとしても、特定の場所の音響効果に影響を受けたとみられる作品を残している作曲家たちは気づいていたはずだという。

「いろいろな種類の楽器が用いられていたとして、どの楽器をどれだけ用いるか、そして聖歌隊員は何人にするかということに、音響効果は確実に影響を与えていたと思う。テンポの遅い歌ほど明瞭に聞こえたことは明らかだ」。

 ボーレン氏の研究成果は、カリフォルニア州サンディエゴで10月31日から11月4日まで開かれたアメリカ音響学会で発表された。

Photograph by Neville Morgan, Alamy

文=Ker Than

  • このエントリーをはてなブックマークに追加